« 悔しいので | トップページ | 廃品回収 »

2005.05.01

『ローレライ』を観てきました

 5月の映画の日。
 少し、時期を逸したのですが、ようやく『ローレライ』を観てきました(いやぁ、観るタイミングを外してしまったので、遠方まで行かざるを得なくなりましたよ(^^;))。
 ちなみに、ウチの親父も面白そうだと言って先に観に行っていたのですが、あまり面白くなかったとのこと。
 だもので、何が面白くなかったのかと思いつつ観賞。
 結論(個人的)。
 あれは、ウチの親父には面白くないわ(^^;)。
 誤解があるといけないので断っておきますが、ボクは面白かったです。
 じゃ、何が親父に面白くなかったのか?
 あくまでボクの勝手な想像だけど、台詞とか展開される理念とか思想が受け入れなかったんだと思う。まぁ、理解できるけど、ある意味綺麗すぎるって感じかな。
 ボクも観てて思ったのは、「あぁ、こういう考え方って、基本的にアニメで描かれる正義論だよな」。何て言うか、スーパーロボット大戦で描かれるよくある展開なんですね(ボクには好きな展開)。
 後で読んだパンフレットで原作者の福井晴敏氏のインタビューでも書かれてたけど、「ガンダム的展開」は敢えて避けなかったとか。それゆえに、親父が面白くなかったとすれば、「さもありなん」なんですが。
 でも、怪獣でもヒーローでもない、あぁいう特撮映画をコレからも作って欲しい。そう、思える映画でした(^^)。

ローレライ(公式ホームページ)

|

« 悔しいので | トップページ | 廃品回収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ローレライ』を観てきました:

» ローレライ [たうたうと]
こちらを見て、まだ観ていなかったことに気付き映画館へ。 公開終了間際だったので [続きを読む]

受信: 2005.05.07 22:12

« 悔しいので | トップページ | 廃品回収 »